金銭消費貸借契約書(借用書)


金銭消費貸借契約書 雛型

お金の貸し借りにはトラブルを避けるためには、書面が必要です。
とはいうものの、借用書なんて書き方がわからない方が多いはず
まずはテンプレート(雛型)を見て、必要事項が何なのかを学びましょう。
要点さえ押さえれば、借用書は自分で作成することも簡単です。

 正しい書式
 印鑑のつき方から、必要事項を説明
 誰でも書けるようになる金銭消費貸借契約書
 金銭消費貸借契約書のテンプレートを見る


個人間のお金の貸し借り

いくら借用書を書いても、相手が返してくれなければ強硬手段もやむをえません。
本当は個人間での貸し借りはやめたほうがいいのですが、そうもいきません。
では実際に金銭トラブルが起きた場合どう対処するか学びましょう。

貸したお金が返してもらえない

取り立てのしかた




国からお金を借りる親からお金を借りる

お金を借りると言っても消費者金融や銀行ばかりではありません。
国や役所からお金を借りたりすることも可能です。
誰しもお金に困ることはあるでしょうが、まず個人間でのお金の貸し借りはトラブルの元なので極力避けましょう。
個人間で貸したお金を素人が取り立てるのはかなり困難です、最低でも人間関係は崩れると思ってください。

個人間で貸し借りをするくらいなら、きちんとした金融機関から
借りたほうがよいでしょう、利息は多少かかりますが、人間関係を壊さずに済む代金と考えれば安いものです。
また、今はコンビニのATMで借り入れ、返済ができるなど、非常に使い勝手も良くなり、親会社が銀行である金融会社も増えたので安心です。

返済方法も一括からリボに変更などネット上でできたりと、返済もしやすくなっています。
ただし、総量規制によって、借り入れできる限度額に関しては法律で決まっていますので、計画的に使いましょう。

また、そういうところで借り入れた場合、きちんと書面が交付されますので、今後の勉強のためも含め、きちんと目を通し、なぜその文面が書いてあるのかを理解して、借用書とはどういうものかを覚えておくとよいでしょう。

私も、よく借金に関しての相談を受けるのですが、「いつ借りたの?」「利息は?」「何回払ったの?」など聞くと、「わからない」「よく覚えてない」と答える人が多くびっくりします。

契約内容の最低限のことは頭に入れておきましょう。

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.