総量規制が生み出す悪循環?

近年、特に総量規制ができて以降、消費者金融や銀行の審査に
なかなか通ることが出来ない方が他の金融業種を探す傾向にあります。

銀行で借りることが出来ない人は、次は消費者金融に行くわけですが
大手銀行と提携している有名な企業では他社借り入れや実績により
事実上審査内容がほとんど変わらないこともあるため
ここでも融資が受けれない場合があります。

そうなると、新勢力のSBIなどのソーシャルレンディングや
クレジットカード現金化などを利用するようになります。

ただし、クレジットカードの現金化などは違法との見方も多く
今後、法律で規制される可能性も大きいです(現時点ではグレーゾーン)

結局、借り入れ件数は増え、後から借りるところは
当然、だんだんと条件がきつくなります。

この判断を間違うと、結果返済不能となり、債務整理や
自己破産といった結末が待っています。

本来、返済不能者を減らすために総量規制がなされたのですが
現実問題、ご飯も食べれないような状態になれば
更なる借り入れを起こすしかありませんので
結局、債務総額は増えるという現実もあるのです。

不景気と言われる中、一切のお借り入れなしに生活するのは
なかなか厳しい状況でしょう。

お借り入れをする際には、利息など細かく条件を把握し
返済計画をきちんと立てましょう。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする