お金の貸し借りの時効

時効というと何か事件的な感じがしますが
お金の貸し借りにも時効が存在します。

お金を貸すほうは特に覚えておいたほうがよいでしょう。

お金の貸し借りがあった場合はとくに借用書の作成とは別に
時効の知識についても知っておくことが大切になります。

お金の貸し借りについて有効な期間があることについて説明します。

1.時効とは?(時効の援用・消滅時効・取得時効)
借用書があってもなくても、お金の貸し借りがあった場合、「時効」について知っておくことが大切です。

時効とは、ある事実状態が一定期間続くと、その状態を尊重して、他の権利を無くしてしまうことです。
「権利の上に寝る者は保護しない」という法の精神に基づきます。

借用書を作成していても作成していなくても、「時効」の適用があります。

(1)時効の援用
借用書があってもなくても、「時効が来たので、支払いません」と、時効を主張することによって、時効は成立します。

※借用書の有無に関わらず、一部でも借りていることを認めると、時効は成立しません。

(2)消滅時効(民法166条)
借用書の有無に関わらず、AさんがBさんにお金を貸していて、AさんがBさんに返済を求めず、一定期間放置しておくと、Bさんは弁済(お金を返すこと)をしなくてよいことになるのを消滅時効といいます。

借用書の有無に関わらず、お金の貸し借りでは、この消滅時効が問題になります。

※Bさんが一部でも支払えば、時効は完成しません。また、Bさんが債務承諾書などで、もう一度債務を認めても時効は完成しません。

(3)取得時効(民法162条)
CさんがDさんの土地を自分のものだと信じて使用し続け、一定期間が過ぎると、その土地はDさんのものになるというのが取得時効です。

2.消滅時効はいつから?
お金の貸し借りでの消滅時効は、返済する期限を約束している場合、借用書の有無に関わらず、その期限の到来より10年で消滅時効になります(民法167条1項)。

※ただし、貸主か借主の一方もしくは両方が会社や商売人である場合、5年で消滅時効になります。(商法522・503条)

※借用書の有無に関わらず、借主は何の請求も受けずに期間が経過すると、借金を返済する必要がなくなります。(請求権がなくなります。)

3.時効の中断
借用書の有無に関わらず、時効の中断をすることによって、時効の進行は振り出しに戻ります。

いったん、時効が中断すると、中断事由の終了したときから、時効期間は新たに初めから進行することになります。

 

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする