債務整理の仕方

どうしても返済が不能になってしまった場合
解決方法のひとつに、債務整理(任意整理)というものがあります。
基本的には弁護士さんに依頼をして代行してもらう流れとなりますので
基本的な債務整理の仕方を紹介します。

弁護士さんに依頼して任意整理の手続きをすると
まず弁護士介入通知というものが債権者のもとに届けられます。

それによって、この人の借金整理に、弁護士である私が間に入り
すべての手続き、交渉を請け負いましたという通達になります。

そこからは弁護士さんが債権者の話し合いをして、引き直し計算をして
最終的に返済するべき金額を出してくれます。

つまり、条件、金額を再考慮し、返済方法を変えるというのが
債務整理というわけです、借金が無くなる訳ではありません。

その結果をもとに、あとは月々の返済を遅れないようにしていくというのが大まかな流れです。

返済期間があまりに長いと債権者側も納得してくれないので
やはり平均して3年くらいで完済というのが多いようです。

当然のことながら返済不能者となったわけなので
世間で言う、ブラックリストには載る事になります。

ただし、過払い請求などによる整理はこの限りではありません。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする