債務整理に至る金額の目安

借金で辛い・・・そう思った人はたくさんいるでしょうが
いったいどのレベルになったら債務整理や
自己破産といった解決策をとるべきなのでしょうか?

当たり前ですが、しないならしないほうがいいのですから
収入、生活が今後、よくなる見込みが無い場合に限ってください。

これから給料が上がって、返済が楽になる人が
自己破産や債務整理などをしてもデメリットのほうが大きいだけです。

では具体的な金額の話ですが、一般的に、利息制限法に基づいて
計算をし直した実際に返済すべき額が毎月の収入のうちで
借金返済に回せる金額の36倍の金額よりも小さければ
任意整理で借金を整理することが可能と言われています。

逆に大きければ、自己破産等の手続きを選択することになります。

つまり、任意整理をするときは、3年程度で借金全額を
返済できるかどうかが目安となります。

任意整理、債務整理は、家族の協力が不可欠となりますので
家族の理解を得た上で、弁護士に相談するとよいでしょう。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする