債務不履行による法的責任

相手が約束のお金を払わず倒産などに
なってしまう場合、こちらが法的に
できることはなんでしょうか?

払ってもらえなかったことで生じる損害を
賠償してもらうことは法的には出来ます。

では債務不履行の法的効果が、損害賠償をしなくてはならない
ことだとして、具体的に、お金の支払いをしなかったものは
相手に対してどのような損害賠償請求ができるのでしょう?

結論を言うと、「延滞金利」の支払いをすることになるのが
ここでいう損害賠償です。

しかし、元の支払いができない相手に
そんな請求を出したところでどうにもならないですよね

換金できる担保物でもない限り泣き寝入りとなります。

つまり商取引は当たり前に人(他社)のせいで
貸した側も破産、倒産、整理に追い込まれることが多々あるのです。

これが連鎖倒産というものです。

なかなか難しいでしょうがこれを避ける手段は
「現金前払い」しかありません

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ではどこまでできるのでしょうか? 債務不履行による法的責任 […]