貸したお金を返してもらえない

頼まれて仕方なく貸したが、貸したお金を返してもらえない・・
こんなことはよくあることですね。

まず、最初に言っておきますが、取り立てる方法自体はいくらでもあります。
問題は人間関係をどう維持しながらおこなうかです。
もっとも、返してもらえない時点で相手は人間関係を壊しているのですが・・

しかし持っているお金を強引に奪い取ったらあなたが捕まるだけです。

もちろん強制執行などというものもありますが、よほどの大金で無い限り
わざわざ法的におこなうケースは少ないでしょう。

と、いうことは、いかに相手を返す気にさせるかが勝負になります。

ですが、その方法のレベルが上がれば上がるほど人間関係を破壊します。

オススメはしませんが、取り立てる方法の一部を紹介します

お金を貸すことを仕事としている場合、いわゆる貸金業には
貸金業法に基づく取立て法もありますが
個人間のお金の取り立てには、原則、規制はありません。

ただし、やりすぎると恐喝、脅迫などもともとの刑法に
抵触する恐れもあるので細心の注意は必要です。

まずは、相手と会い、返済を要求します。
当然「今はお金が・・・」という返答が来るでしょう。

問題はここからです。

今までは、「じゃあいつ払えるの? 今度は返してよ」で終わりですよね?

それをこれからは書面で残します。
この時点で相手は「ここまでやるか?」と思うので十分プレッシャーに
なりうるでしょう。

(記載する内容に関しては別ページの借用書の書き方で紹介しています)

何度も書きますが、貸すときに取り決めをしたならまだしも
途中から借用書や支払い念書を書かせるというのは
結構精神的パワーが必要ですし、人間関係を壊しますので
それだけは覚悟してください。

書いてもらった内容に当然期日を記載しますので
あとは期日を待つだけです。

そして、その期日を過ぎても支払いがされなかった時に
その書面に基づき、本当の戦いが始まります。

取立ての仕方

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする