金返せ!と言わない取り立て術

お金を返してもらえなくて困っている時
どうやったら取り立てられるんでしょうか?

友人知人の場合は特に気を使います。
法的に・・と簡単にはいきませんよね?

そこで金融会社から学ぶ「金返せ」と言わない取り立て方法
というものを少し学びましょう。

お金の約束を守る人は最初からこういういう状況にはなりづらいので
たいていは、お金にルーズな方が対象となります。

そんな人にいきなり「金返せ」と言ったら
開き直られたりごまかされるのがオチです。

そこで、まずは「いつぐらいなら払えますか?」と
期日設定から入ります。

そこで相手が、うーん・・となるようなら
「いくらだったら払えますか?」と金額も相手にゆだねます。

まずは、「返す」ということを考えさせることが大事になります。
ここまではクレジットの支払いなどが遅れたお客様に言う場合の
金融業者の言い回しテクニックとなります。
これで、期日、金額を設定したら、ここからは金融業者ではなく
友人としての取り立てを仕掛けます。
返してもらう予定のお金が絶対に必要である話を作るのです。

例えば
「ああ、よかった!ちょうどその日は支払いがあって
 その金額くらいが足りなかったんだ」と伝えておきましょう。

これで相手は支払わないとこちらが本当に困ると記憶に残ります。

払えない日や金額設定では開き直るしかありませんが
支払いに無理がない金額で話し合いまでした状況ですと
相手の不都合を考える余裕が出てきますので
支払いをしてくれる確率は上がるでしょう。

あとは、「その日は本当に必要だから、何時に電話します」と
早めの時間設定をしましょう。

相手に連絡をくれというと、忘れられます。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする