小額訴訟とは

少額訴訟は、一定金額以下の場合訴訟を起こすもので
早い、簡単、安いという、どこかの牛丼のようなしくみが特徴です。

少額訴訟は、たった1日の1回の裁判で判決がでるというものです。
手続きも簡単で、多少の知識と行動力で自分でできます。
まず、簡易裁判所に、定型の用紙を用意してくれている場合がありますので問い合わせてみましょう。
一万円程度の費用ですることできます。くわしくは、管轄の簡易裁判所にお問い合わせ下さい。

小額訴訟のポイント
60万円以下の金銭の支払いに利用できます。
証拠は、その日に取り調べられる証拠に限られます。
場所は、相手の住所地の簡易裁判所です。金銭債権の場合は、あなたの(債権者)の住所地の簡易裁判所でも
することが可能です。ただし、被告が望めば、通常の裁判になります。
原告の言い分が認められる場合でも,分割払,支払猶予,遅延損害金免除の判決がされることがあります。
訴訟の途中で話合いにより解決することもできます(これを「和解」といいます。)。
判決書又は和解の内容が記載された和解調書に基づき,強制執行を申し立てることができます
(少額訴訟の判決や和解調書等については,判決等をした簡易裁判所においても金銭債権(給料,預金等)に対する
強制執行(少額訴訟債権執行)を申し立てることができます)。
少額訴訟判決に対する不服申立ては,異議の申立てに限られます(控訴はできません。)。

裁判といっても、テーブルを囲んで行うのが多いです。精神的にも楽だと思います。

少額訴訟は、その日だけですので証拠の準備は万全にしておきましょう。
証拠がなければ、内容証明郵便で作りましょう。

内容証明郵便では、動じなかった相手も裁判所からの訴状が届くとさすが動揺します。
勝てる見込みがないなら、この時点で、素直に相手が払ってくれる場合もあります。

相手が裁判に出頭しなければ、あなたの勝訴になる可能性が高くなります。

被告が望めば、通常の裁判になるので、相手が普通の裁判を望むのかどうかがポイントになります。
キッチリした証拠があるのか、あなたが有利なのか、相手の性格などを考慮して、小額訴訟を選択することをお勧めします。

ただし、ここで皆さん大きな勘違いをされてしまうのですが
判決が出たからといってお金が返ってくるわけではありません。

判決というものは、裁判所から「あなたには支払う義務がある」と公的に確定させるだけです。
つまり、取立や集金をしてくれるわけではないので
相手に支払う意思やお金そのものがなければ回収は不可能です。
もちろん強制執行なども出来ますが、極端に言えば相手に収入も財産がなければ
当然お金は返ってきません、ない袖は振らせる事はできないということです。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする