土地を担保にお金を借りる

土地を担保にお金を借りる場合の
銀行の不動産担保ローンについて

銀行の不動産担保ローンというのは、不動産を担保に入れて
銀行からお金を借りるローンのことを総称して
銀行不動産担保ローンといいます。

例えばクレジットカードのキャッシングなどは
クレジットカード利用者の返済能力に基づいて
お金を借りるという無担保型ローンになるのですが
銀行不動産担保ローンというのは、利用者の信用力と不動産の価値を
合わせて評価してもらい銀行からお金を借りるという
担保物件型ローンになります。

だからと言って、不動産があるから絶対に銀行から
お金が借りられるかというと
そういうわけではないのです。

まず、不動産の担保価値が評価され、その評価額に相当する範囲内で
銀行でローンを借り入れするということになります。

借入額は、抵当を設定する不動産の評価額と
照らし合わせることによって借入額の上限が
決められます。

不動産の評価額が高ければ高いほど、高い借入額で
不動産担保ローンが組めるということになります。

もちろん銀行以外でも信販系金融機関、一部の
消費者金融などといったところでも取扱いはしています。

不動産担保ローンの注意点

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする