債務整理後の借り入れ

債務整理後の借り入れができるか?
すごく気になるところですね。

債務整理後の融資を申し込みするにあたって、簡単にポイントを書きます。
債務整理情報があるだけで借り入れ先はかなり少ないのが現状です。

それに加えてマイナスポイントがあれば融資は高い確立で
断られることになると思います。
当てはまる人は改善してから申し込みをした方が賢明ですね。

借り入れを申し込むタイミングですが
債務整理後と債務整理中では融資可能になる確率はかなり違います。

どちらが融資になる確率が高いかといえば断然、債務整理後なのです。

グレーゾーン金利の法改正後、過払い返還が多発しましたが
借りてる側は「法に添った行為」をしてるつもりでも
貸した側からすれば任意整理は法が変わったとはいえ
最初の約束を相手の意思により、反故にしてるわけですから
「立派な金融事故」です。
合法・非合法を問わず「一種の踏倒し」に過ぎません。
たいがいの方は既に「ブラック入り」しています。

ローン云々ですが、債務整理の場合はブラックになる確率は高いです。
合法金融機関では、1円も融資をしない可能性が高いですね。
また、ブラックから解除されても「任意整理を行なった金融機関及び系列・
関係金融機関からの融資は、拒否される可能性が高い」ですよ。

一番のポイントは、ブラックも何も「法」というよりは
貸し借りですから、貸す側に主導権がありますので
基本的に、貸す側次第ですべては決まるということです。

金融機関で融資を断られたことのある方はわかるでしょうが
基本、断った理由は教えてくれません。

つまり、貸す貸さないは貸す側が決めることで
貸せない理由など言う義務はない、ということです。

極端な例でいえば、態度、服装で断られている場合もあります。

それが金融事故であればなおさらですね。

逆の立場で考えて、あなたが貸す側だったら
途中で払えなくなって、自分の都合のいいように
条件変更した人間にもう一度貸しますか? 
ということですね。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする