親からお金を借りる

「親からお金を借りる」
多くの方が経験しているんじゃないでしょうか?

生活費の数万円から、結婚資金、住宅購入費までと
金額は様々でしょう。

「ちょっと今月苦しいから1万円貸して」

この程度なら法的には気にする必要はないでしょう。
しかし、何百万となってくると話は別です。

親からの援助は、一般的に「贈与」と看做されます。
当然、税務署からは「贈与税」を求められます。
然しながら、親子間でも「金銭消費貸借契約書」を結び
毎月確実に返済している事が証明出来れば贈与でなくなります。
これは税務署も認めています。

あなたが毎月返済し、親が確実に受け取っている事実を証明するには
「双方の口座記入(日付・金額)」が適合している必要があります。
確定申告時に「税務署からお尋ね」が届いた時に
これらの証拠を見せれば大丈夫です。

利息は別段、つける必要はありません。
うるさい税務署職員は「なぜ貸し借りなのに利息がない?」と
突っ込んできますが、親子間で利息を取らないのはむしろ
当たり前という見方もあるので返済の証明があれば大丈夫です。

借用書を作ってその通りに振り込みで
支払いするのが一番ではないでしょうか。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする