お金を借りるメリット

お金を借りる、というと借金をするマイナスの
イメージが浮かびがちですが、
プラスを生み出す借り入れと、マイナスを生み出す
借り入れがあります。

例えば会社で運転資金を借り入れた場合、
単純計算なら利息分を利益が上回れば
キチンと完済できれば結果的に
プラスを生み出す借り入れをしたことになりますね。

銀行などから借り入れを起こして事業を行うことは
ごく当たり前のことです。

ところが個人の借り入れでプラスを生み出すというのは
なかなか難しいことでしょう。
個人では直接の利益を生む借り入れはほぼないので、
あとは発生する利息に対して、自分の満足度の差し引きです。

現金で買いたいけどお金がないから分割で買う

このような場合は、モノを早く手に入れる代わりに
利息を支払うと考え、納得いくか行かないかを
きちんと考えましょう。

自動車を5年ローンで買って利息が五十万付いたら・・
ローンと同額ずつ貯金をすると仮定すると
貯金していって車が購入できるのは4年以上経過したときです。

ローンならすぐに車は手元に来るわけですから
4年以上早く手に入れる代わりに五十万払うという計算です。

それに対して納得できるかどうかです。

そこを一度我慢できるようになると、理論上は
ローンの支払期間、5年間貯金して車を購入すると
車購入時には利息分の五十万円は余るわけです。

すると五十万円分の買い物は無利息の現金で
別の買い物ができるわけです。

逆に、ローンを組めば、現金派の人よりも
五十万円損するわけですから、次の別の買い物の時も
現金がなく、ローンで買うはめになるわけです。

これがローン地獄というもので、そこそこの額で
一度ローンを組むと次の買い物も高確率でローンを
組むことになります。

つまり、実質的利益を生まない大きい借り入れは
負の悪循環を生みますので気をつけましょう。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする