親からお金を借りるときの借用書

これは、親に限らず、個人間のお金の貸し借りは
全て同じです。
借用書というのは作成の義務はありません。
ですが、利息や返済日で後でトラブルにならないように
作成しておくことをお勧めいたします。

これは貸す側であっても借りる側であっても同じことです。

親子間では利息を取ることはあまりないでしょうが
それもきちんと書面にしておくことが大事です。

これは、両者間のトラブルだけではなく
税金の問題が絡んだ時に必要になるからです。

贈与、となってくると扱いが全く違うためです。
もちろん、貸し借りの金額が数千円とかであれば
作る必要もないですけどね。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする