国からお金を借りる条件

国からお金が借りれれば一般の金融会社から
借りるよりは利息などメリットがたくさんあります。

国からお金を借りるのには、原則として
事業資金などは国民生活金融公庫などが考えられます。

その他の借入の申し込みをする機関としては、
社会福祉協議会(通称、社協)があります。
この借金の名称は世帯更生資金(生業費)と言うものです。
この場合、借入の限度額は、通常125万円まで、特別な場合は
280万円までと、地域により多少の違いはありますが、
身体障害者には460万円となっています。

借入の際の条件は、
(1)年収が360万円以下の低所得者(市県民税の納付金額が均等割りの人)

(2) 満20歳以上であること

(3)現在住んでいる住所に半年以上住んでいること

(4)市県民税を納付している人(納付していない場合は1ヵ月分でも良いので納付すること)

(5) 連帯保証人が1名(場合によっては2名)居ることなどです。

審査は申込窓口となる市町村の社会福祉協議会での審議会があり、
その後、最寄の都道府県の審議会(毎月一度)を通れば
融資が実行されますが、即日という訳では無く通常1週間程度はかかります。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする