借用書のない借金の返済義務

普通借金は返さなくてよくなる場合はありません。
では、どういう場合にこうなるケースがあるのでしょう。

ある例では、「かえさなくていいから」と言って
もらったつもりのお金に対して、あとになって、
くれたはずの相手がお金に困った時などに
「やっぱり返してくれ」と
言ってくる場合などです。

これは借りた事実がない以上、返す義務もありません。

気をつけなければいけないのは
「少しでいいから返してくれ」という言葉に乗って
返してしまうと、もらったはずのお金が
返したことによって、借りたお金になってしまうのです。

つまり、「返した」ということは「借りた」と
みなされてしまうのです。

さらにそこに、以前に100万円もらっていたとして
「100万円のうち、5万円返す」など文面で作ってしまったら
この文面からは、100万円借りてたうちの
5万円だけ返したと見なされますので
借金があと95万は残っていることになってしまいます。

貸した証明が相手になければ、請求もできませんので
こういうケースは、1円たりとも返してはいけません。

もし、少しのお金だけ返して終わるなら
和解書面などをきちんと作成することをおすすめいたします。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする