キャッシングの仕方

ここでは消費者金融系を中心としたキャッシングの仕方
キャッシングサービスのメリット、デメリットを紹介します。

消費者金融のキャッシングの契約と言えば
以前は無人契約機が主流でしたが、現在ではその簡易版である
ローン申込み機によるものが主流となりつつあります。

まずは、キャッシングの申込み方法です

1.店頭での申込
 各貸金業者の店頭に設置してある融資申込書に氏名や住所・勤務先等必要事項を記入します。
 その後、貸金業者の従業員が信用情報機関に申込者の信用情報を照会し、融資が可能かどうかの与信審査を行います。

 与信審査の結果,融資が可能であると判断した場合には,契約書を作成の上,その場でローンカードが交付され,ATM等で融資を受けることが可能となります。

2.無人契約機での申込
 各貸金業者の無人契約機のタッチパネルを操作し融資申込を行います。
 融資申込を受けた貸金業者は信用情報機関に申込者の信用情報を照会し
 融資が可能かどうかの与信審査を行います。

 与信審査の結果、融資が可能であると判断した場合にはその場でローンカードが交付され
 ATM等で融資を受けることが可能となります。
 なお、契約書は後日自宅に郵送され、署名・捺印の上、返送します。
 最近ではATM機能のない申込専用のローン申込み機が主流となりつつあります。

3.インターネット・携帯電話での申込
 各貸金業者のホームページより融資申込フォームに必要事項を記入し送信します。
 融資の申込を受けた貸金業者は信用情報機関に申込者の信用情報を照会し与信審査を行います。

 与信審査の結果、融資が可能と判断された場合には、後日貸金業者より申込者に対して
 電話やEメールで連絡があり、申込者の指定する銀行口座に融資金額が振り込まれます。

 なお、契約書は後日自宅に郵送され、署名・捺印の上、返送します。

以上のように非常に簡単にお金は借りることが出来ます
しかし、このカードというのが非常に便利であり、怖いのです。

このカードを持つと、限度額まではたいていのATMで自由に引き出しが出来ます。
引き出す、と言ってもこれは融資を受けるということなのです。

これを、さも自分の口座からお金を引き出す感覚で使い始めると
利息の支払いばかりで毎月過ぎて行き、10年20年と借金はなくなりません。

中には今や当たり前のサービスとなった一定期間、無利息サービスなどを
有効に使いまわし、ピンポイントでキャッシングをし
利息の支払いはほとんどない方もいます。

便利になった分、自己抑制をきっちりしましょう。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする