クレジットカードの審査申込書の注意点

当たり前の話ですがクレジットカードは、いつでも誰でも作ることができるというわけではありません。
商品やサービスを購入したあとにその代金を「きちっと支払うことができる」という信用(支払能力)がなければならないので、それぞれのクレジットカード発行会社の審査に通る必要があります。

そのため、申し込みをするときには、多くの項目を記入する必要がありますし、結果として審査に落ちてカードが発行されないことも珍しくありません。
クレジットカード会社は、記入された内容から、この人がどれだけ信頼できる人かということを判断しなくてはいけません。見ず知らずの人に、時には何百万円という大金を貸すわけですから、信用できる人かどうかできるだけ調べ上げるのは当然のことですね。

ここでは、申し込む前に知っておきたい審査の基礎知識について、お話をしていきましょう。
過去に何度か審査に落ちてカードを作ることができなかったことがあるという人も、ぜひ目を通してみてください。

どこのクレジットカード会社でも独自の審査基準を設けていますが、共通した考え方として「3C」といわれる3つの軸から申込み者の信用力を判断する仕組みを採用しています。

3Cというのは、Capacity、Character、Capitalのことを言います。

①Capacity(キャパシティ=資力 つまり、返済能力)
 利用金額を継続して返済していくために、安定した収入が定期的にあるかどうか?つまり、返済能力を見るものです。クレジットカードの審査において、最も重視されています。

②Character(キャラクター=性格、返済意志)
 お金に関しての性格を見るものです。カードを計画的に利用したり、決められた返済日にきちんと返済できるかどうか?まじめさと信頼性があるかどうか?を見るものです。過去に支払いを滞納、延滞していたり、多重債務をしていた経歴があったりすると、審査に響きます。また、重大な事件を犯していたとか、自己破産しているなど資産運用力も、信頼性を問われてきます。

③Capital(キャピタル=資産=担保)
 負債の担保として、不動産や車、有価証券、貯蓄などがあるかどうかを見るものです。

これらの情報を点数で評価し、貸すか貸さないかを決めるわけですね。

では具体的に申し込み内容のどこをどう判断するのでしょうか?

収入や社員かアルバイトかなど当然ですが、勤続年数も大きな材料です。
勤続年数で、その人の信頼性を見ることができます。ほとんどのクレジットカード会社では、最低1年以上という規定を設けています。ですから入社したばかりだったり、転職したばかりで勤続1年未満の人は、低評価となります。
どんなに大手企業の正社員に転職して年収が上がっていたとしても、何度も転職を繰り返しているような人より、1つの会社に長く勤め続けている人の方を信用度が高いと判断するのです。

またクレジットカードの審査において、居住年数は重要項目です。居住年数は長いほど高評価となっています。居住年数が短い場合、移転が頻繁に行われていると考えられます。契約後、次々と移転されてしまっては、返済トラブルが発生した場合、追跡困難となってしまいますね。滞納したまま行方をくらましてしまわれては大変です。
勤続年数と同様に最低1年以上と規定しているクレジットカード会社がほとんどです。したがって、引越したばかりの人は審査が通りにくくなります。

ごちゃごちゃと細かいことを書きましたが、あなたが貸す側なら、こういう人には貸したくない、というのを考えればなんとなく基準がわかってくるでしょう。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする