友人にお金を貸す

友人、知人にお金を貸すくらいなら捨ててください!

もちろん本当にお金を捨てろということではないです。

友人、知人にお金を貸す場合、多くが「感謝」ではなく
「わだかまり」が発生します。

感謝になればいいですが、後者のわだかまりが残るような
トラブルに発生した場合、失うのは貸したお金だけでは
済まなくなります。

トラブルにならないために返済計画の話をしたり
ましてや借用書など作ろうとしたら
それだけで不穏な空気が流れることもあります。

ましてや相手が返済に困った場合などは当然、
人間関係は崩れ、最悪取り立てをしたあなたが悪者にさえ
なりかねないのです。

こういったことから、友人、知人間での貸し借りは、
「貸すくらいなら捨てろ」と言わざるを得ないのです。

捨てたなら、損をするのは捨てた額のみで済みます。
貸すとなると、貸した額以上の損害がある可能性のことを
ふまえて実行しなくてはなりません。

そんなことを超越した人間関係が出来上がっている間柄なら
問題はないでしょうが、まれなケースでしょう。

どうしても実行したい、するしかない、という状況ならば
腹をくくって、捨てたと思ってください。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする