借用書の書き方

人にお金を貸すときは借用書を書いてもらいましょう。
知り合いにお金を貸すとなると、なかなか言い出しづらいでしょうが
それが言いにくい相手に、取立てをするのは
もっと至難の業です。

借用書の書かせられない相手に貸すのであれば
お金をあげるくらいの気持ちでないとダメでしょう。

借用書の雛形、書式についてです。

借用書とは一般的な呼び名で、正式には金銭消費貸借契約書といいます。
念書、という方もいらっしゃるかもしれません。
借用書は市販の雛形、書式、フォーマットもあります。

下は基本的な雛形、書式のサンプルです。

—————————————————-

借用書(金銭消費貸借契約書)

借りた日付 
借入金額 : 
返済期日 : 

利息について
返済方法
遅延損害金

貸主、借主の氏名と住所(連帯保証人がいれば、保証人の氏名と住所も)
貸主、借主、連帯保証人の署名と捺印

—————————————————-

数字についての書き方は特に気をつけましょう。
0,1,2,3,4,5,6,7,8,9だと、書き換えられる可能性もあります。
3を8、などに書き換えることが可能です。
お金を貸す方も、借りる方も、改ざんされないようにしましょう。

借用書に使用する数字は、漢数字を必ず用いるようにしましょう。

また、漢数字は、一は壱、二は弐、三は参、十は拾と記載します。

これも改ざんを防ぐためです。
130万円貸すのであれば、正式には「金壱百参拾萬円」と記載します。

また、円の後に也をつけたり、他にも円や、五、百も旧字体で書く場合もありますが
改ざんされる恐れがなければ、必要ないですし、今は普通の数字で書くことも増えました。

借用書の基本は上のとおりですが、返済不能になりそうな場合には
もう少し細かく書く必要もあります。

例えば、返済できなかった時に車などの動産物の譲渡特約などです。
その際には、車の名義変更書類も同時に書いてもらいます。
また、名義変更には各種委任状と印鑑証明が必要となります。
あらかじめ印鑑証明をもらっておくのがよいのですが
印鑑証明は取得日から3ヶ月間と期限が決まっているので
3ヶ月ごとに新しいものをもらう必要があります。

さらに細かい本格的な借用書はこちら

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] (記載する内容に関しては別ページの借用書の書き方で紹介しています) […]