金銭消費貸借契約書

いちがいに借用書と言っても様々なものがあります
別ページで簡易的なものを紹介しましたが
ここではもう少し本格的なものを紹介します。

————————————————–

金銭消費貸借契約書

貸主      を甲、借主       を乙として、甲乙は、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。

貸主      を甲、借主       を乙、乙の連帯保証人        を丙として、甲乙丙は、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。

第1条  甲は、乙に対し、金     万円を以下の約定で貸付け、乙は、これを借受け、受領した。
第2条  乙は、甲に対し、前条の借入金   万円を、平成  年  月から平成  年  月まで毎月  日限り、金   万円を  回の分割で、甲に持参又は甲の指定する銀行口座に送金して支払う。
第3条  本件貸金の利息は、前月支払い後の残金に対する年  パーセントの割合とし、乙は、毎月  日限り当月分を甲方に持参又は送金して支払う。
第4条  乙は、次の事由の一つでも生じた場合には、甲からの通知催告がなくても乙は当然に期限の利益を失い、直ちに元利金を支払う。
① 第2条の分割金又は第3条の利息を、2回以上連続で支払わないとき。
② 他の債務につき仮差押、仮処分又は強制執行を受けたときを受けたとき。
③ 他の債権につき債務整理又は破産、再生手続開始の申立を受けたとき。
④ 乙が、甲に通知なくして住所を変更したとき。
⑤ その他本契約の条項に違反したとき。
第5条  期限後又は期限の利益を喪失したときは、以後完済に至るまで、乙は、甲に対し、残元金に対する年  パーセントの割合による遅延損害金を支払う。
第6条  丙は、乙に連帯して以上の条項の履行をなすものとする。
第7条 本契約から発生する紛争の第一審の管轄裁判所は、甲の住所地を管轄する裁判所とする。
上記の通り甲乙丙間に消費貸借契約が成立したことの証しとして、本契約書3通を作成し、甲乙丙各自署名押印の上、各1通ずつを保持する 。

平成Ο年Ο月Ο日

     貸主(甲) 住所           
            氏名          印
     借主(乙) 住所           
            氏名          印
 連帯保証人(丙) 住所           
            氏名          印

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] さらに細かい本格的な借用書はこちら […]