親、兄弟の借金の返済義務

親の借金を背負って辛い人生を・・・
そんな話のドラマがよくありましたね。

では実際に親、兄弟に借金があって
返済不能になった場合、亡くなってしまった場合は
その借金の返済義務はどうなるのでしょうか?

まず、結論から言うと、保証人になっていない限り
一切ありません。
同居していようがなんだろうが関係ないのです。
問題になるのは死亡したときの相続の問題だけですね。

相続人は、原則として、被相続人の法律上の権利義務を包括承継します(民法896条)。

したがって、相続放棄などの特別の手続をとらない限り、
お母さんの残した借金は、相続人たるあなたが返済義務を負います。

簡単に言うと「借金も財産」なのです。
預金や不動産などプラスの財産を相続をする代わりに、
借金などのマイナスの財産も請け負うということです。

ここで起こりうる問題は
「お父さんにお金を貸してたんだよね」みたいな人が
突然現れたりする場合です。
当たり前のことですが、借りてもいない金銭まで返済する義務などありません。

金銭消費貸借契約に基づいて貸金返還請求をするならば、
貸主だと主張する者が、契約の存在を明らかにしなければなりません。

もちろん、契約書(借用書)を作成していなかったり、
紛失したり、というのは、親しい間柄ではありうることです。

しかし、その場合には、金銭の受け渡しの状況
(何年何月何日何時ごろ、どこで、どのように金銭の受け渡しをしたか)
返済の約束はどのように取り決めたか――などを説明するべきです。
 特に、返済の約束は重要です。金銭の受け渡しをしていても、
返済の約束がないのなら、贈与だった可能性もあります。

また、返済期日が分からなければ、利息の計算もできません。
そもそも、すでに返済期日が到来しているかどうかも分かりません。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする