借用書を作る本当の意味

借用書(金銭消費貸借契約書)をつくる

皆さんはお金の貸し借りをするときに借用書が必要なのは
なんとなくわかりますよね?

では、なぜ借用書を作るのでしょう

「返してもらうため」これは当たり前ですよね?

ただここで言いたいのは、その本質を知ってほしいということです

お金の貸し借りに慣れていない人が、貸す側に回った場合
借用書を作っただけで、「これで安心」と勘違いしてしまうことが多いのです。

皆さんだってできれば裁判や強制執行など関わり合いたくないですよね?

いくら借用書があっても、とてもじゃないが返済不能な金額の
一括返済などでは、相手も開き直るしかなくなります。

それでは借用書を作る意味はないのです。
(ただし、これが昔の悪徳金融業であれば、逆にそうするために
 借用書を作り、財産をぶん取るというやり方もありました)

普通の人は、裁判されてごちゃごちゃするなら
できるかぎり何とか返済したいと考えます。

つまり、「最悪の場合は借用書があるから、強制執行するよ」

「でも、こっちもやりたくないからコツコツでいいから返してね」と

極力トラブルを避けながら、相手にプレッシャーをやんわりとかける
それが借用書を作るということの本質なのです。

他のページで書いたようにいざという時に使えるよう
借用書はきっちりと書かなければなりませんが
使わないで済む返済方法を、貸す側借りる側で話し合い
お互い平和に終わるように心掛けてください。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする