個人間のお金の貸し借り

友人、知人にお金を借りる、また、お金を貸すこともあるでしょう。

それが千円、2千円程度ならいいですが、数十万となってくると話は別です。

正直、人間関係を壊したくなければ人に貸すことも借りることもしないことがベストです。

ですが実際はそうも行かないでしょう。

では、そういう局面になった場合どうするのがよいのでしょうか?

まずは返済計画をきっちり話し合うことからスタートです。
金融業経験から話をさせていただくと、「先の大きい入金で一括で返す」という人は危険です。

それよりは少ないけども毎月コツコツ返すと計画を立てる人のほうがよいでしょう。

これは理屈云々は抜きにして、私の統計上返済できなくなると結果が出ています。

本当はきちんと借用書などを作るのが良いのですが知人間ではなかなか難しいでしょう。

あとは、相手がどんなに困っていても、自分にお金の余裕があっても
返済できないような金額を貸したり、通常生活に圧迫がかかるような返済計画を立てないことです。

また、長期間連絡を取ってなかったような相手には貸さないほうが身のためです。

さてここまでは貸すまでの話ですが、問題はここからです。

仕方なく貸してしまって、そのお金が返ってこない・・・これもよくある話です。

ここからあなたの人生観、金銭感覚が変わり、人間不信にもなったりするでしょう。

金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったもので、いろいろな意味に取れます。

こういう場合のお金はいとも簡単に人間関係を破壊していきます。

ですが悲しんでる暇はありません、どうやってそれを取り立てるかです。
別ページでは取り立て方法を紹介しています。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする