お金を貯める人のテクニック

お金持ちかそうでないか。
それは収入でかなりの差がありますが
支出でももちろん差は出ます。

お金を貯めるのが上手な人は、いくつかの自分流テクニックを持っています。

もちろんどれが正解というのはないでしょう。

単純に「使わない」というのが一番ですから、使わなきゃいいのですが、
それでは何のために生きているんだろうなんていうストレスに
押しつぶされ、長続きしません。
ストレスを極力減らし、楽しくお金を貯める。
そんなテクニックを身につけましょう。

正しくいうと、楽しいと感じれるように慣れるということですね。

お金を貯めるために必要なのは、意志です。

そう言うと重く感じますが、単純なルールを決めるだけです。

お金を貯めるのがうまい人が使う「ルール」をいくつかあげましょう。
(比較的、意志が弱い人が楽しく貯める、というのが前提ですよ)

1.欲しいと思ったものは最低1週間待ち、5人以上の意見を聞き、
それでも欲しければ買う

これは最後の「買う」がネックですね
これを本当に必要じゃないなら「買わない」にしてしまうと
ストレスが溜まり長続きしません。

2.クレジットカード、キャッシュカードは持ち歩かない

予定外の出費を、その場の急な判断で使わないようにするということです。
1の「1週間待つ」ということにもつながります。
飲み会などの急な誘いもあるでしょうが
だからこそ持たないのです。
カードで買い物をすると金銭感覚もズレますので
基本的には現金でのお買い物をするようにします。

3.使ったお金を必ず記録し、月末に確認する
※そして、年間計算に直す。

これは年間計算にすることに意味があります。
月にいくらかずつ、これだと、まあいいか・・になりますが
それがそれなりの金額を超えてくると
「この金額使って、結局何が残るんだろう?」と考えます

例えば、携帯アプリなどのダウンロード有料コンテンツ。
315円だからいいか、と、ちょいちょい使うと
年間で数万円になることもあり、結局何も残らないということがあります。

食費に関しても、彼女といくデートなどで奮発するのはいいでしょうが
普段の生活でちょっとずつの贅沢が年間にするとすごい金額になります。

本当にそれが食べたかったのか、その金額をかけて
記憶にも残らないような食事に意味があるのか?

金額がまとまると「食」に対しても色々考えるようになります。

もちろん栄養のことも大事ですけどね。

これらのように、今までなあなあにしてきた価値観に
もう一度目を向けるのがポイントです。

過去の無駄遣いが「もったいない」と感じ、

お金を貯めることが「楽しい」と感じれば

あとはそこまで無理せずにストレスもなく、
勝手にお金は貯まります。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする