個人間で貸す場合の判断基準

お金を貸してくれと頼まれた

友人、知人にお金を貸す場合、悩みますよね

では、貸していい相手なのか、ダメな相手なのか
どう判断したらよいのでしょう。

まずは、貸したお金は返ってこないものと考えてください。
そのうえで納得できる相手なのかどうかということです。

たとえばジュースでもご飯でもいいので何度か相手におごります。

その後、その人からは何のお返しもありません
その時にあなたが、「この前、こうしてやったのに」と思うような相手には
絶対に貸してはいけません。

また、冠婚葬祭などでその人のために大事な仕事を休んでまで
駆けつけるかなどシュミレーションしてみてください。

今述べたことを総合すると、「見返りを求めず尽くせる相手」が
お金を貸しても良い相手となるのです。

そうすれば返ってこなくても納得できますし
そういう相手であれば、きちんと返済してくれえるでしょう。

ただし、それだけいい関係でありながら
お金を貸すことによって関係が崩れる場合があるということは心に
置いておいてください。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする