銀行はどうやって利益を上げるか

銀行ってどうやって利益を上げてるんだろう? ATMの手数料とかかな?
こんな疑問を持ったことありませんか?

銀行はお金を動かすことで利益を上げています。
銀行にお金を預けると、普通預金でも定期預金でも
一定の期間ごとに定められた利子(利息)がつきます。 

銀行は預かったお金を、お金が必要な人や会社に貸し出しています。
住宅ローンを利用している人がいたり、車のローンを組んだり・・・
銀行から仕事のためにお金を借りている会社もたくさんあります。

お金を借りた人や会社は、借りた銀行に利子を払います。
お金を貸した人や会社からもらう利子の一部を、銀行はお金を預けてくれた人に分配します。
これが預金をした人がもらえる利子(配当)となるわけです。

お金を預ける人にとっては、自分でお金を貸して利子を取る相手を探す手間が省けます。
お金は自分の財布に入れたままでは増えませんが、人に貸せば利子の分を増やすことができます。
ただし、だれかれかまわず貸せば、お金を返してもらえないリスクがあります。

この人、この会社にお金を貸しても大丈夫だろうか? 
ちゃんと返してくれるかな? 
こういったことを調べるのが「審査」となります。

預けてるのが銀行だからといって完全に安心かというと別ですが
万一銀行が倒産しても、預金保険制度(銀行が入る保険制度)により
ひとつの銀行につき、一人1000万円までの預金とその利子が保護されます(満額返ってくる)。

つまり、銀行にお金を預けるということは、銀行を通して人や会社にお金を貸すことであり
その報酬として利息がもらえるということです。

自分で貸出先を探す面倒がなく、お金が返ってこないリスクからは
銀行と預金保険制度により二重に守られているということです。

銀行預金が、安全な金融商品といわれるのは、そのためです。
その分、残念ながら利子は、あまり多くはありません。
ローリスク、ローリターンということですね。

そうして貯まったお金を元に銀行は不動産など更なる投資をしていきます。
そうしてできるのが投資信託会社などの銀行系列の子会社です。

お金がお金を作る、お金を溶かしてお金を作る、お金自体が「商品」なのです。
「金融」と呼ばれる理由がわかりますね。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする