車をぶつけられた修理代を払ってもらう

先日、車をぶつけられました

ぞくにいう「おかま」です

一応相手は払ってくれるというのですが
知り合いに自動車工場があるので
安く済ませたいからそこに出してくれないかということです

正直、そこの自動車工場がちゃんとしてるかわかりませんし
不安要素がたくさんあります

こういう場合はどういう請求をしたらよいのでしょうか?

この質問への回答がある場合は下のほうのコメント欄に掲載されています。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. お金を借りる博士 より:

    まず、損害賠償関連の和解というのは損害に相当する対価を
    支払うことによって和解をするというのが本筋です

    「相当する」というところが問題ですから
    これを例えばあなたが

    色から何から今の状態が気に入ってたんだ
    新品にされても納得いかない!
    お金じゃなくて、元に戻せ!

    などと言ったら相手は困りますよね?

    なので対価として修理代ということになります

    つまり、対価としてのお金なので
    直すことが義務ではないのです

    どういうことかというと

    相手から現金で修理代をもらったとしても
    車を直す、直さないはあなたの自由なのです

    相手に「お金払ったんだから直せ」などと
    言われる筋合いはないということです。

    見積もりに関してはディーラーできちんと直したいと
    相手に言って、実際にディーラーで見積もりを出せば
    それなりの金額になるでしょうから
    それを請求するのがよいでしょう。

    知り合いのくるま屋さんで高い見積もりを出し
    相手から取れば儲かると考える人もいますが
    必要以上に請求すると慰謝料や治療費でないかぎり
    恐喝になる恐れもあるので注意が必要です。