離婚時の養育費の相場は?

離婚をすることになったのですが
養育費の相場って、どれくらいなんでしょうか?
もちろん相手の収入、それまでの生活もあるでしょうが
一人当たりこれくらいというのがあれば
相場を教えてください。

この質問への回答がある場合は下のほうのコメント欄に掲載されています。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. お金を借りる博士 より:

    養育費の基準として参考になるのは、2003年に東京と大阪の裁判官が
    作成した「簡易算定表」というものが計算基準です。

    双方の収入、就労の可能性、子どもの年齢、数、ローンの支払いの
    有無等を考慮して決めます。
    たとえば、月収手取り25万円から30万円の相手に対しては、
    子ども一人につき月3~5万円程度しか請求できないと覚悟しておいたほうが
    よいでしょう。

    もしも相手の収入が少なければ月1万とか1万5000円ということも十分ありえます。

    養育費の支払い期間としては、一般的には20歳になる月まで請求できますが、
    お互いの合意で、「大学卒業まで」「仕事に就くまで」などにすることもできます。

    当然のことながら、子どもと養育費を支払う親の苗字が変わっても請求できます。 養育費は親の権利でなく、子どもの権利ですので、仮に親同士が養育費は無しとの条件で離婚に合意しても、後に子どもから請求することが出来ます。

    裁判所外の協議で決めることができた場合にも、支払は長期に渡りますので、
    強制執行の可能な公正証書にしておくと安心です。

    ただし、支払いは長期になることが多いので
    相手によっては途中で支払いが不能になるケースなどもあります。
    保証人などをつけておくのが最善の策と言えますね。