養育費の額を途中で変更できるか

一度決めた養育費の額は変更することが
できないのでしょうか?

収入や状況が変われば必要な額や
払える額が変わりますよね?

この質問への回答がある場合は下のほうのコメント欄に掲載されています。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. お金を借りる博士 より:

    やはり、養育費を決めてそれを書面に残していた場合は
    額を変更するのは難しくなりますね。

    交渉自体は出来るでしょうが、金額があがる場合は
    払う側が納得するかどうかでしょう。

    しかし、養育費は財産分与や慰謝料と違って、
    子供が進学したり、病気や事故にあい治療費がかかり
    取り決めた養育費以上にお金がかかるなどの事情があれば
    増額することもできます。

    あらかじめそういうことを想定して、離婚協議書に
    「子供の進学や病気などの際には、養育費を増額することができる。」という
    項目を盛り込んでおけばより確実です。

    また、支払う側が失業した等支払が困難な事情が発生したり
    受け取る側の収入が増額して養育費が支払われなくても
    安定した生活を送れるようになったり、子の母親が再婚して
    その夫が面倒見てくれている場合などは減額できる場合もあります。