慰謝料を払ってもらうには

離婚することになった32歳女性です。
子供はいませんので養育費などはありませんが
これまでの相手の生活態度など離婚に至った経緯を考えると慰謝料を払ってもらわないと納得いきません。
浮気ならこれくらい、暴力ならこれくらいといった慰謝料の相場はあるのでしょうか?

この質問への回答がある場合は下のほうのコメント欄に掲載されています。

お金を借りる時には自分の用途や目的にぴったりと合ったキャッシング商品を見つけましょう。 今では多くのキャッシング商品がありますが当サイトお金を借りるナビではどなたも安心してお金を借りる事ができる優良商品のみを掲載しています。 お金を借りる機会がある時にはあなたにぴったりのキャッシングを見つけて下さいね。 インターネットでのお金を借りるお申込みは店舗へ足を運ぶわずらわしさもなくお店の方と接することもなくプライバシー面の不安もなくお申込みが可能で、いつでも必要な時にお金を借りるお申込みが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. avatar お金を借りる博士 より:

    慰謝料とは、精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償です。離婚の場合の慰謝料は、離婚原因である有責行為(不貞、暴力など)をした者に対する損害賠償請求です。

    質問者さんの内容のように、一概に暴力ならいくらくらいというものはありません。

    また、暴力をふるうとか、浮気をしている場合にはどちらに責任があるかは明瞭ですが、性格の不一致、信仰上の対立、家族親族との折合いが悪いとかいう場合についてはどちらに責任があるかという判断がむずかしく、一方に責任があるとしてもそのきっかけをつくったのは相手の態度にも原因があるのが普通で、慰謝料の支払義務が生ずるとはいえない場合が多いと考えられます。また、そうした場合には双方の責任の程度の割合によって慰謝料が決められます。

    ただし、性格の不一致など夫婦のどちらか一方に離婚の責任があるとはいえない場合、あるいは責任が同程度の場合には、お互い相手に慰謝料を請求できません。

    ここで一番注意しなくてはいけないのが、相手に払う意思と財産があるかということです。裁判まで起こして、相手に財産どころか収入も無ければ、事実上、回収はかなり難しいので、裁判費用の分だけ自分が損することさえあります。