実家じまいとは

実家じまい

最近話題の実家じまい

最近話題の実家じまいについてです。

実家じまいとは?

実家じまいとは親御さんが住んでいる、いわゆる「実家」を処分することで相続時の問題を軽減したり無駄な維持費がかからないようにすることです。

親御さんがすでに亡くなってしまっている方や、介護施設などに入っていて実家が空き家状態になっている方は多く、どうしたものかとお悩みの方が数年前に比べてすごい勢いで増えています。

放置しておくデメリット

空き家状態の実家は誰も住んでいなければ痛む速度も上がり、所有物件であれば老朽化により不動産価値も下がっていきます。

そのうえで固定資産税や都市計画税といった税金はかかりますので、出費がかさむことになります。

実家じまいをするメリット

上記のようにデメリットがある以上、処分をすればそれらがなくなりますので、価値が下がったり維持費がかかることを回避できます。

実家じまいをするデメリット

ご家族が住んでいた場所には思い出などたくさんあるでしょうから、それらを処分するには気持ちの整理が必要です。

完全に実家じまいをすれば、これまで「実家は○○県なんだ」と言っていた実家そのものがなくなるわけですから、考えられない、という方もいるでしょう。

実家じまいへの見切り

実家が空き家にはなっているもののご家族が介護施設などにいる場合は、いつかは帰ってくるかもしれないという思いが実家じまいには踏み切れない理由にあるかもしれません。

そういう場合は人により状況が違うでしょうから今一度冷静に今後実家を使う可能性はあるのかを考えてみましょう。

実家じまいは早めにやったほうがいい理由

これまで書いた内容で残しておくデメリットはご理解いただけたかと思いますが、早めに処分したほうが良いのはそれだけではありません。

処分するときのトラブルや不具合

親御さんがご存命で実家が空き家になっている場合などで、その方が不動産名義人であれば、仮に今後認知症などになった場合に解体にしても売却にしても、そういった様々な契約ごとに弊害が出ます。

親が元気でいるうちはそんな話はできない、とお悩みの方もいるでしょうが、元気だからこそ今のうちにやっておかなければならないこともあるのです。

実家じまいにかかる費用

当然ながら実家の状態により費用は様々ですが、業者によっても大きく変わりますね。

解体業者や不動産業者をよく比較、検討したうえで決めましょう。

少なくとも数社と話をし、じっくり考えてみてください。

掲載中のアクセスの多い解体業者

現在集計中です

掲載中のアクセスの多い不用品処分業者

大宮の遺品整理、不用品は大宮の便利屋へ
沖縄県の便利屋が無料で広告掲載
鹿児島県の便利屋が無料で広告掲載
宮崎県の便利屋が無料で広告掲載
大分県の便利屋が無料で広告掲載